チョコレートとガムを一緒に食べるとガムが溶けるのはなぜ?理由は?

ふと、こんな疑問を思ったことは誰にでも
一度くらいはあるのではないでしょうか?

それは…
「チョコレートとガムを一緒に食べるとガムが溶けるのはなぜ?」
ということです。

ガムは口の中で噛んでも噛んでもなくならないのに
どうしてチョコレートを食べるとスーッと
溶けてなくなってしまうのか不思議ですよね?

ということで、今回はチョコレートとガムを一緒に
食べるとなぜガムが溶けてしまうのか
についてご紹介していきたいと思います。

チョコレートとガムを一緒に食べるとガムが溶けるのはなぜ?理由は?

ガムを噛んでいる時に、チョコレートを一緒に食べると
さっきまで噛んでいたガムが溶けてなくなってしまいますが、
これは一体どうしてなのでしょうか?

この不思議な現象で何度も遊んだことがある
という方も多いようですが、
詳しい理由については知らないまま
という方も少なくないようですが、
これについて解説していくと…

ガムは植物性樹脂(チクル)や酢酸ビニル樹脂に
弾力性を出すポリイソブチレンや糖類、香料などを
加えて作られているのですが、
このガムの基盤となる植物性樹脂や酢酸ビニル樹脂は
油に溶ける性質(油溶性)があります。

一方、チョコレートはカカオマスやカカオバターに
糖類やミルク成分を加えて作られていますが、
カカオバターは「油」になりますので、
ガムと一緒にチョコレートを食べると
ガムが溶けていってしまうのです。

チョコレートの「スイート・ミルク・ビター・ブラック」の違いとは?

ガムが油に溶ける性質を利用すると…

さて、ここまではガムとチョコレートを一緒に食べると
ガムが溶ける理由についてご紹介してきましたが、
一度話をまとめるとガムは油と接触すると溶けるということでしたね。

なので、チョコレートでなくても油であれば
ガムを溶かすことができるということになります。

なので、例えば油が使用されているスナック菓子と
一緒にガムを食べても溶けてしまいますし、
サラダ油なんかをガムにかけると溶かすことができるのです。

そして、このガムが油に溶けるという性質を知っていれば、
例えば服にガムがついて取れなくなってしまった時などにも
応用することができます。

つまり、服にこびりついているガムに
サラダ油をちょちょっとかければ
溶かして落とすことができるというわけなのです。
もちろん、この方法以外にもガムを取る方法はありますけどね(笑)

ガムのいろいろな取り方まとめ

まとめ

今回はチョコレートとガムを一緒に食べると
ガムが溶けてなくなるのはなぜなのか
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

口の中で溶けることがないガムがあっさりとけてしまう
この現象を不思議に思われていた方も多いかと思いますが、
ガムは油に溶けるという性質があるということが
原因だったというわけなんですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください