飴を溶かす方法!電子レンジと湯煎だったらどっちがおすすめ?

市販されている飴をそのまま食べるのも
美味しいですが、一度飴を溶かして
自分が好きな型に流し込んで
オリジナルの飴にして食べたいと
思われる方も少なくないようです。

そこで、今回は飴を溶かす方法について
ご紹介していきたいと思うのですが、
実は飴を溶かすのは結構コツがいる作業なので、
適当にやってしまうと失敗してしまう
可能性が結構高いものなんですよね。

というわけで、早速飴を失敗せずに
溶かす方法についてご紹介していきたいと思います。

飴を溶かす方法!

さて、飴を溶かそうと思った場合には
単純に温めていけば溶かすことができるのですが、
いくつか温める方法があります。

おそらく一般的なのは、

  • 湯煎にかける
  • 電子レンジで加熱する
  • オーブンレンジで加熱する

というような感じだと思うのですが、
溶かす前に飴を小さく砕いておいてから
飴を上記のような方法で溶かすと良いかと思います。

また、これらの方法の中で使いやすいと思うのが
「湯煎」と「電子レンジ」で溶かす方法になるのですが、
湯煎と電子レンジではそれぞれメリットデメリットがあるので、
それらを理解した上で使い分けると良いでしょう。

まず、湯煎で飴を溶かすメリットとしては
焦がしてしまって失敗するリスクが低いということです。
一方でデメリットとしてはヤケドしてしまう
可能性があるということになります。

一方で、電子レンジのメリットとしては
飴を溶かす手間が非常に少ないといことで、
デメリットは加熱時間が少し長くなると
すぐに飴が焦げてしまうということになります。

電子レンジと湯煎だったらどっちがおすすめ

さて、ここまでは飴を溶かす方法について
ご紹介してきましたが、
飴を溶かし慣れていない初心者の場合は
電子レンジと湯煎どちらで飴を
溶かした方がやりやすいのでしょうか?

個人的には初心者の場合は電子レンジで飴を
溶かすようにした方がやりやすいのではないかと思います。

ただ、先程もご紹介した通り、
少しでも加熱する時間が長くなってしまうと
飴が焦げて失敗してしまうので、
10秒ずつというように短い時間で
区切って加熱して焦げていないかチェックして
というふうにして溶かしていくようにして
焦がさないようにするのがコツです^^

ダイヤモンド型(シリコンモールド)

まとめ

今回は飴を溶かす方法についてご紹介しました。

飴は溶かしてもすぐに冷えて固まってしまうので、
何度も溶かして型に流し込んで…
という作業を繰り返さなければならないので
比較的溶かすのが大変になると思いますが、
きれいなオリジナルの飴が出来上がると
テンションが上がりますので、
ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください