飴(キャンディー)の賞味期限はどれくらい?賞味期限切れでも食べれる?

かなり古そうで完全に賞味期限切れした飴が
コロッと出てきて見つけてしまうことって
たまにありますが、そんな賞味期限切れした
飴は食べても大丈夫なのでしょうか?

こんな疑問を持っている方も少なくないようです。

以前ガムには賞味期限がないということについて
ご紹介しましたが飴もガムのように
賞味期限がない類のものなのでしょうか?

・ガムに賞味期限がないって本当??

ということで、今回は飴(キャンディー)の
賞味期限はどれくらいなのかということや
賞味期限切れした飴は食べられるのかどうか
ということについてご紹介していきたいと思います。

飴(キャンディー)の賞味期限はどれくらい?

飴のパッケージを見てみると賞味期限が
設定されていますが、
これはどのメーカーも製造から1年間ほどを
賞味期限として設定しているようです。

ただ、個包装タイプの飴だと個包装の
パッケージには賞味期限が書かれていないので、
そのままバッグに入っていたりすると
かなり後から出てきてしまって
「これ完全に賞味期限切れしてるよね…」
というふうになってしまうこともありますが、
賞味期限切れしている飴は食べることができるのでしょうか?

賞味期限切れの飴(キャンディー)は食べられる?

さて、ここまでは飴の賞味期限がどれくらいなのか
ということについてご紹介しました。

ここからは、「賞味期限切れしている飴は
食べても問題ないのでしょうか?」という疑問について
ご紹介していきたいと思うのですが、
結論から言ってしまうと賞味期限切れしている飴は
食べても問題がないということになります。

なぜなら、飴の主成分は砂糖となっているからなのですが、
砂糖のパッケージを見ても分かるように
賞味期限や消費期限の記載がありません。
「え、たしか消費期限や消費期限の記載は義務づけられているのでは?」
と思われる方も多いかもしれませんが、
実は砂糖のように長期間品質の変化が起こらない
ものに関しては賞味期限の記載をしなくても良いことになっているんです。

なので、賞味期限を記載する必要がない安定した
砂糖を主成分としている飴は
仮に賞味期限切れしていたとしても
普通に食べられるということなんです。

ただ、砂糖と飴の違いを上げるとするならば
飴には香りや酸味がつけられているので
こうした砂糖以外に使用されている成分が
時間が経つごとに変質してしまう可能性があるということです。

ただ、だからといってすぐに変質してしまうか
といえばそうではないということになるので、
賞味期限切れしていたとしても
見た目や香りが変になっておらず、
また舐めてみて下がビリビリするような感じが
しないのであれば問題ないと考えて良いでしょう。

まとめ

今回は飴(キャンディー)の賞味期限はどれくらいなのかや
賞味期限切れした飴は食べられるのか
ということなどについてご紹介しました。

賞味期限切れした飴は基本的に食べても問題はありませんが、
脂肪や乳製品が混ざっている飴だと
酸化して品質の変化が起こりやすいので
賞味期限切れしている場合には
普通の飴よりも注意が必要になってきます。

ただ、普通の飴であれば砂糖が主成分であり
水分もほとんど含まれていないので
品質の変化が起こりにくく
賞味期限切れしていたとしても
普通に食べられることがほとんどですが、
もし、そのまま食べるのが気になる場合には
紅茶の砂糖代わりに使ったりすると良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください