飴の舐め過ぎ(食べ過ぎ)で舌が痛い原因とは?対処法はある?

飴を舐め過ぎ(食べ過ぎ)て舌が痛くなったことってありませんか?

私は、よく風邪をひいた時にのど飴を
舐め過ぎて舌が痛くなる
というのが恒例行事みたいな感じだったのですが、
どうして飴を舐め過ぎてしまうと
舌が痛くなってしまうのでしょうか?

これについて私と同じように気になっている人も多いようです。

ということで、今回は飴の舐め過ぎ(食べ過ぎ)で
舌が痛くなる原因や対処法について
ご紹介していきたいと思います。

飴の舐め過ぎ(食べ過ぎ)で舌が痛い原因とは?

飴は一粒でも結構長い時間口の中で
舐めながら味を楽しむことができますが、
飴を何粒も食べていると
だんだん舌がヒリヒリと痛くなってくることがありますが、
これは一体何が原因なのでしょうか?

結論からいってしまうと、
飴を舐めたことによって舌が傷ついてしまったために
ヒリヒリとした痛みが出るのですが、
ではどうして飴を舐めると舌に傷が
ついてしまうのかということについてご紹介していきますね。

まず1番最初に考えられる原因が
飴の表面のザラザラや飴の亀裂によって
舌が傷ついてしまうということです。

「飴の表面くらいで舌に傷がつくの?」と
思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
舌は細胞の生まれ変わりが非常に早い組織なんですね。
いいかえるとそれだけデリケートな組織であるということなんです。

ですから、飴を舐め過ぎてしまうと
舌が痛くなってしまうのですね。

また、もう一つ考えられる原因なのが、
口の中の浸透圧が変わるということです。

口の中は常に水分量が均一になるように
コントロールされるという性質があるのですが、
飴を舐め過ぎてしまうと舌の一部が
乾燥した状態になっていくために
口の中の水分量がその乾燥した部分に
合わされていってしまい
舌の乾燥状態が長く続いてしまい
結果的にヒリヒリと痛みが出てしまうのです。

ちなみに、洗顔をした後に肌がヒリヒリしたり
つっぱったりしたような経験がある方も多いかもしれませんが、
それは洗顔料によって顔の皮脂が洗い流され
皮膚が乾燥してしまったからなんですが、
皮膚のヒリヒリとした痛みは乾燥が原因である
場合も少なくないのでできるだけ
乾燥しないように注意した方が良いでしょう。

飴の舐め過ぎで舌が痛い時の対処法とは?

さて、ここまでは飴の舐め過ぎで舌が痛くなる
原因についてご紹介してきましたが、
飴の舐め過ぎで舌が痛くなってしまった場合は
どのように対処すれば良いのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようですが、
まず先決なのは飴を舐める事をやめるて
舌のダメージを回復させることが大切です^^

舌を休ませていればそのうちに
痛みもなくなってくるので、
最低でも舌の痛みや違和感がなくなるまでは
飴を舐めるのはやめるべきでしょう。

また、飴を連続して何粒も舐めるような場合には
先程ご紹介したように口の中の浸透圧が変わり
乾燥していってしまう可能性がありますので、
こまめに水分補給を行うようにすると
舌が乾燥してしまうことを抑制することができます。

ちなみに、水分補給をするときは
炭酸飲料やコーヒーなどの刺激が強いものではなく
スポーツドリンクや経口補水液にしましょう。

・飴を何個も舐めると口の中がしわしわに荒れる理由とは?

まとめ

今回は飴の舐め過ぎ(食べ過ぎ)で
舌が痛くなる原因や、
飴の舐め過ぎで舌が痛くなった場合の
対処法などについてご紹介しました。

飴を舐め過ぎてしまうとどうしても
舌がヒリヒリと痛み出してきてしまうので、
くれぐれも飴を舐め過ぎないように
気をつけるようにされてください^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください