ノンシュガー・シュガーレスの飴なら虫歯にならない?【虫歯予防】

口の中に長く残るお菓子ほど
虫歯が出来るリスクを高めてしまう
ということは誰もがご存知かと思いますが、
次のような疑問をお持ちの方も少なくないようです。

それは…
「ノンシュガーやシュガーレスと
表記されているキャンディーなら
虫歯にならないのでしょうか?」
ということなのですが、
確かに気になりますよね?

ということで、今回はノンシュガーやシュガーレスの
飴は虫歯にならないのかどうか
ということなどについてご紹介していきたいと思います。

ノンシュガー・シュガーレスの飴なら虫歯にならない?

虫歯になると大変なことばかりなので、
虫歯予防への意識を高めている
という方も多いかと思いますが、
ノンシュガーやシュガーレスと表記されている
飴やガムなどって最近多く見かけますよね。

ところで、ノンシュガーやシュガーレスと
書かれてあれば食べても虫歯にならないのでしょうか?

これについて気になっている方も多いようなのですが、
実はノンシュガーやシュガーレスと
書かれてあったとしても虫歯になる
リスクは残念ながら残っています。

それはなぜかというと、
ノンシュガーやシュガーレスと書かれていたとしても
砂糖が完全に使われていないというわけではありませんし、
甘味料として口の中を酸性にしてしまうものが
使われている場合があるからなのです。

・シュガーレスガムとノンシュガーガムの違いとは?虫歯にならないはウソ?

虫歯菌は糖を取り込んで酸を作り出しますが、
その酸は歯を溶かして虫歯にしてしまいます。

ただ、口の中から糖がなくなれば、
唾液によって溶けた歯が修復され、
口の中が中和されるので、
虫歯を予防することができるのですが、
飴は口の中に長く残ることが多いですし、
何個も食べてしまいやすいものなので、
長時間口の中が酸性になってしまいやすく、
結果的に歯の修復が追いつかず
虫歯になってしまいやすいのですね。

ここまでの事を一度まとめると、
ノンシュガーやシュガーレスと書かれてある飴でも
虫歯にならないというわけではないということです。

まして、普通に砂糖が使われている飴であれば
より虫歯になるリスクが高くなってしまいますので、
一度にたくさん食べないようにしたり、
食べ終わった後にすぐに口をゆすいだり
歯磨きをして糖を口の中からなくすようにして
虫歯のリスクを下げることが大切なのです。

【驚き】虫歯にならない飴が存在した!

さて、ここまではノンシュガーやシュガーレスの飴なら
虫歯にならないのかどうかということについてご紹介したのですが、
実は虫歯にならない飴があるんです!

その名もドクタージョーンズというのですが、
ドクタージョーンズは虫歯の原因となる
口中バクテリアの働きを抑制するリコリスを使用することで
虫歯の原因であるミュータンス菌の働きを
3ヶ月から5ヶ月抑える世界特許を取得している画期的なキャンディなんです^^

すでにアメリカでは大人気となっているようですが、
日本ではまだ知っている人はかなり少ないみたいですね(^_^;)

ドクタージョーンズキャンディ

飴やガムなど口の中に長く残るお菓子は
少量でも糖が含まれてしまっていると
虫歯になるリスクを高めていってしまいますので、
虫歯予防をしっかりとしたいという場合は
虫歯にならない飴を舐めるようにした方が
後になって後悔することがないのかもしれません^^

まとめ

今回はノンシュガー・シュガーレスの飴なら
虫歯にならないのかどうか
ということなどについてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

虫歯にならないようにとノンシュガーやシュガーレスと
書かれている飴やガムを選ぶ方も少なくないと思いますが、
完全に砂糖が使われていないというわけではないので
食べた後はオーラルケアをしっかりしないと
虫歯になってしまう可能性があるので注意が必要なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください