飴を何個も舐めると口の中がしわしわに荒れたり切れて痛くなる理由!

「飴を何個も舐めているとほぼ確実に
口の中がしわしわに荒れたり切れて痛くなるのですが
これは一体どうしてなのでしょうか?」

今回は飴をいくつも食べていると
口の中がしわしわに荒れたり、
切れて痛くなる理由についてご紹介していきたいと思うのですが、
あなたもこのような疑問を持ったことはありませんか?

ということで、早速飴で口の中が荒れたり
痛くなる理由について解説していきたいと思います。

飴を何個も舐めて口の中がしわしわに荒れた体験談

僕は飴をほっぺの内側に入れて
舐める癖があったのですが、
ある時何個もほっぺの内側に飴を入れて
舐めていたらその部分がしわしわになって
皮がめくれてくるように荒れてしまったんです。

これは何かの病気なのかなと
若干不安になったので、
飴で口の中がしわしわに荒れる理由について
調べてみたのですが、
原因は飴と口の中の浸透圧が違うということみたいです。

簡単に説明すると、飴が触れていた口の中の組織から
浸透圧が高い飴に水分が取られてしまうため、
結果的に乾燥ししわしわになって荒れてしまうのだとか^^

なので、飴をいくつも舐めて口の中が
しわしわに荒れてしまったとしても
特に心配する必要はないみたいです。

飴を何個も舐めると口の中がしわしわに荒れたり切れて痛くなる理由!

さて、飴を何個も舐めていると口の中が
しわしわに荒れたり、切れて痛くなる場合がありますが、
どうしてこのような事が起こるのでしょうか?

これについて疑問に思っている方も少なくないようですが、
まず1つ目に挙げられる理由としては、
飴と口の中の浸透圧が違っているため
口の中の組織の水分が奪われてしまうということが考えられます。

例えば、水の中に塩を入れていくと
塩は水に溶けて薄くなっていきますが、
これは水が塩を溶かして薄めたからですよね。
一方で口の中に飴を入れると口の粘膜細胞は
飴を溶かそうと水分を出し始めるのですが、
飴を何個も溶かさなければならなくなると
粘膜細胞の水分が不足してしまうため
口の中がしわしわに荒れてしまうというわけなんですね。

また、飴を舐めることで口の中が切れて
痛くなってしまう事もあるかと思いますが、
これは飴の表面のザラザラや
舐めていると出来る亀裂の尖った部分が
口の中を傷つけてしまうためでしょう。

口の中は非常にデリケートな組織なので
ちょっとした刺激でも傷ついて痛みが出てしまいやすいのですが、
飴を舐めすぎることも口の中の組織を傷めてしまう
1つの要因となりうるということなんですね。

・飴の舐め過ぎで舌が痛くなる理由とは?

まとめ

今回は飴を何個も舐めると口の中がしわしわに
荒れたり切れて痛くなる理由についてご紹介しましたが
いかがだったでしょうか?

飴と口の中では浸透圧が違っているため
口の中の水分が奪われてしまい
しわしわに荒れてしまうなんて
ちょっと驚きかもしれませんが、
原理が分かると「そうなんだ!」と
スッキリするかと思いますが、
飴の食べ過ぎには注意したいですね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください